新月の願いの作り方

自分で種をまき、自分で刈り取る

これが、地球での法則です。

 

 

あなたの人生でどんな夢を実現したいかを思い描き、ちょうどよいタイミングで種をまけば、実りの秋には大きな収穫を得られます。

 

夢を描き、種をまくことは、人生の仕込みのようなもの。

 

月は感情を司り、女性と相性がよいです。

月のエネルギーを活用して種をまくことで、確実に、スピーディーに自己実現することができます。

 

あなたも新月の願いを紙に書いて、月のパワーを存分に活用して夢を実現しましょうね。

■新月のお願いのポイント■

 

・ピンク色の紙に手書きで書く

・手紙のはじめに「大天使ハニエル」にむけて、2〜3行感謝の言葉を書く

・肯定的な言葉で、現在形、または過去形で書く(叶います、叶いました)

・新月の星座に合わせた願いを入れる

・ドラゴンヘッド(カルマ)を解消するものもいれる

 

 

・願いは10個まで

・ひとつの願いに対して、3〜4つの方向からアプローチしていく

・10個目の願いは「これらの願いは最高最善に叶いました」と書く

・10個目を書き終わったら見直す。もし、違和感があればしっくりくるよう書き直す

 

 

・最後に日付とサインをして、封筒に入れ、サンクチュアリに置いておく

(手帳や高い場所など)

 

・新月にはいった瞬間から48時間以内に書き記す(8時間以内が理想)

・書く時は、ボイドタイムを避ける

 

 

・半月後の満月の時に見直し、叶ったものは取り消し線をいれる

 

 

 

半月後、何個叶うか楽しみですね!

コツを掴めたら、半月でほとんど取り消し線が入れられるほど、叶いますよ。

 

ともこは、書き終わったピンクの紙にブレンドしたメモリーオイルを付けています♡

どうぞ、楽しみながら願いを書いてくださいね。

 

 

 

*星座別得意分野、ドラゴンヘッドを調べたいときは、こちらの書籍がおすすめです*