7. 最後のセッションシート5を受け取る

 

 

蒼井ともこのメールセッション体験記。

日々の生活にCPM個別メールセッションを加えることで

小さな気づきを得られハピネス思考が習慣化されました。

前向きになったり凹んだりしながらも思考と向き合い

                           笑顔の毎日を手に入れた様子が書かれています。

 
Previous Article →

 

 

意図的な未来の創り出し方

 

 

 

セッションシート5を受け取ったらそこで修了です。

 

 

 

もうこの先はセッションシートで質問攻めにあうことがないけれど、

現実を創り出した思考の解説もしてくれるセラピストはいません。

 

 

 

嬉しいことを一緒に喜ぶ相手もいないし、望む思考を送り出す伴走者もいない。

 

 

 

 

そう思ったら、安堵と寂しさが入り混じりました。

 

 

 

 

 

シート5には意図的に望む思考を送り出す実践的な方法が書かれていました。

 

 

 

そして、

「自分で未来を創っていけるのでもうセッション4までは忘れてOKですね」

と、ありました。

 

 

 

 

このシートで今までの「みそぎ」を終えた事になります。

 

 

 

 

 

伴走者なしでシート5の課題をやってみる

 

 

 

シート5には未来の思考の送り出し方法が載っていました。

 

 

 

伴走なしですから・・・

誰も何も言ってくれません。

 

 

 

 

やってもやらなくても自分で決められます。

 

 

 

私は迷わず実践しました。

 

 

 

 

 

自分軸に立ち返る思考が育つ

 

 

 

シート5のワークは自分軸で考えるベースの思考を育てるのに役立ちました。

 

 

 

すべての始まりが自分の思考からだったので

現実化することは自分で決められるし、

望みどおりでない事が起きたとしても自分で解決できるようになりました。

 

 

 

知識だけでは得られない実践力。

自分への信頼感が増しました。

 

 

 

← Next Article