5. セッションシート3を提出するまで

 

蒼井ともこのメールセッション体験記。

日々の生活にCPM個別メールセッションを加えることで

小さな気づきを得られハピネス思考が習慣化されました。

前向きになったり凹んだりしながらも思考と向き合い

                       笑顔の毎日を手に入れた様子が書かれています。



Previous Article →



 

ここまで書く?ブラック思考

 

 

 

人によってシートの枚数は違います。

多いから良いとか、少ないから良い、といったことはありません。

 

 

A4シート100枚を超えたセッションシート3。

 

 

 

仕事中に受信しましたが、何が書いてあったか気になったので、その場でサッとみてみたのです。

 

 

 

すると、私が書いた周りの人への口撃に対して

 

 

 

「100%自分原因説で考えてみましょう。

誰かに思っているということは

同じように思われているということです」

 

 

 

と、書かれていました。

 

 

 

 

自分のこととはいえ、ブラック思考に向き合うことに辟易しましたが、

セラピストは大事な人生の伴走者なのですよね。

 

 

 

私が走らなくちゃセラピストさんは退屈しちゃうか 笑

 

 

 

気持ちを切り替えて、自分に意識を向け始めました。

 

 

 

変わる事について

 

 

 

この頃の私は言い争ったあとは、待つか逃げていました。

 

 

 

状況が変わるのを待つ

相手が謝るのを待つ

ほとぼりが冷めるのを待つ

新しい環境でやり直す

 

 

 

伴走者がいても誰がいても、待って逃げたら変わるものも変わらない。

 

 

自分から変わらないと、何も始まらない・・・

 

 

 

私は怠慢でした。

 

 

 

 

これからは、心を入れ替えて動こう。

そして、素直で謙虚になろう。

 

 

 

とりあえず、笑顔・・・・

 

 

疲れたらお休み。

 

 

この繰り返し。

 

 

笑顔でいると周りも笑顔になりました。

 

 

 

 

 

どうして?の中にある温かい言葉

 

 

 

 

セッションシートのセラピストからのコメントに

 

「本当はどうして欲しかったですか?」

 

という言葉がありました。

 

 

 

 

考えだしたら、心がチクチク痛みました。

 

 

 

 

「本当は優しくして欲しかった」

「本当は一緒に遊びたかった」

 

 

 

今なら「仲間に入れて!」

 

この一言で済みます。

 

 

ただ、この時、素直に言えなかったことが傷になっていることに気づきました。

 

 

 

私がして欲しかったことを、今、自分にやってみよう。

 

 

 

シートに書いた未達成の気持ちを、やり直すことにしました。


 

 

 

誰かにして欲しかった思いを満たす

 

 

 

「本当は優しくして欲しかった」

「本当は一緒に遊びたかった」

 

 

 

怒りより何より、切望感が私のハートを揺さぶったので

当時思った事を自分にやってみました。

 

 

 

本当は優しくして欲しかった!

自分に優しくしよう!

脚マッサージで一日の疲れをとろう。

 

 

 

本当は一緒に遊びたかった!

うん、私と一緒に遊ぼう!

手作りアクセサリーを作ってみよう!

 

 

 

 

こんな風に自分に手をかけていたら

だんだん疲れなくなり、落ち着いた日々を取り戻しました。

 

 

 

セッションシートに向き合う余裕もできて、淡々と作業をすすめました。

 

 

 

相変わらずシートはブラック思考だらけでしたが、何かが確実に変わっていました。

イラっとすることや不満に思うことが減ったのです。

 

 

 

 

思考が現実化されることを実感


 

 

セッションシート3では

「100%自分原因説で考えてみましょう」と何度も繰り返し書いてありました。

 

 

 

私の意見も、目の前の出来事も、

どこをどう切り取っても、自分の思考が出発地点だという事がわかりました。

 

 

 

自分の意見(思考)というスクリーンを通して

現実をみている(創りあげている)という事が

この時点で、はっきりと理解できていました。

 

 

 

同時に、送り出した思考に意識を払う習慣がついたのもこの頃からです。

 

 

 

 

拍子抜けしたのが、潜在意識のカラクリがよくわからなくても、

ブラックを書き出して認めると現実が変わったこと。

 

 

 

 

書き出すだけで気持ちの整理がついて

近い関係(私の場合だと彼との関係)から改善しました。

 

 

 

セッションシートに彼に対してのブラックを書きなぐって

その数分後には、仲良くお散歩に出かけていたぐらいですから。

 

 

 

ブラックがあっても、ブラックを書きなぐっていても

ブラックに目を背けない限り

目の前にある現実は確実に変わるんですね、不思議と。

 

 

 

 

潜在意識パワーを実生活に落とし込めた大事な期間でした。

 

 

← Next Article